離婚裁判の為の証拠集めはこれが有効!(浮気・不倫の場合)


配偶者が浮気をしている事を確信して離婚を決断する。

配偶者と浮気相手両方から慰謝料を取りたいと思った場合、

又は、浮気を理由に離婚する場合、

 

配偶者が浮気をしている証拠が必要になってきます。

 

どの様な証拠が必要なのか?

 

また、その証拠はどうやって集めればいいのか?

という事についてお話しします。

 

かなり腹が立っていると思いますが、

ここは、ちょっと落ち着いて冷静になって情報を集める必要があります。

 

というのが、弱い証拠だった場合、相手がすっとぼける可能性があるからです。

 

なので相手が言い訳出来ないくらいの証拠を集めて、

目の前に叩きつけてやりましょう。

では、早速作戦開始です。

あなたの好みは?

人気の探偵ランキング

安い探偵ランキング

出張先の依頼に最適!規模の大きさランキング

浮気の証拠集めはどうすればいいのか

どんな証拠が必要なのか?

浮気の証拠を集める場合、相手が言い訳できない証拠を集める必要があります。

例えば、浮気相手への携帯電話の発信履歴だとか、

怪しいと思われるメールだとかだけでは証拠になりにくいという事です。

 

それだけで相手が浮気を認めてくれるのであれば、

決定的な証拠でなくても慰謝料の請求や離婚は可能なのですが、

相手が浮気を認めない場合があります。

 

浮気はしていない、

じゃあその証拠を出せと言ってきた場合は厄介です。

 

例えば電話の発信履歴の場合、浮気の為に電話したのではなく、

仕事の用事で電話したと言い訳される場合があります。

 

またメールの場合も同じで、

メールでいくらラブラブなメールを送っていたとしても、

メールでのやりとりだけで実際には不貞行為はしていないと言われてしまえば、

それまでです。

 

最初っから、こっちを裏切っているのだから、

弱い証拠で正直に認めるとは考えられません。

 

というか残念ですが、

相手は平気で嘘をつく人間だと思っておいた方がいいです。

 

なので浮気を理由に離婚して、

離婚相手と浮気相手からキッチリと慰謝料を取ってやろうという場合は、

こちらが浮気相手と肉体関係があったという事を証明しなければいけないという事なのです。

裁判で有効になると言われている証拠

では、どの様な証拠があれば裁判で有利になるのでしょうか?

有利になると言われている証拠を紹介します。

ラブホテルに出入りしているところを撮影した写真や動画

ラブホテルはまさにセックスする為に行く所ですから、

証拠としても強い効力を発揮します。

 

ホテルに入るところだけではなく、

出てきたところも写真に収め、日付と時刻を確認できる様にしておきます。

 

ただし1回だけではダメです。

複数回ラブホテルの出入りを撮影する必要があります。(最低2回)

 

何故なら、1回だけの場合、

急に体調が悪くなって仕方なく入ったとか、

相談する目的で入っただけとか、誤魔化される可能性があるからです。

 

ラブホテルではなく相手の家だった場合、

ラブホテルと比べて証拠としては弱いと言われています。

 

証拠とする場合は、やはり複数回、

浮気相手の家に通っている姿を撮影する必要があります。

 

家の場合は他の友人もいて、

二人っきりじゃ無かったとか言い訳される場合があるからです。

 

また、撮影はデジタルカメラなどは偽造を疑われる可能性があるので、

アナログのカメラでの撮影が望ましいと言われています。

 

性行為しているところを撮影した写真や動画

もし鮮明に顔が確認できる写真や動画があるのであれば、

間違いなく証拠になります。

 

部屋に入る写真などであれば、誤魔化す事も出来ますが、

行為しているところが確認出来るのであれば、これほど強い証拠はありません。

探偵の報告書

探偵事務所に浮気調査の依頼をすると、

浮気の証拠を集めて報告書をあげてくれます。

 

探偵は証拠を集める為に、

チームで張り込みや尾行を行い写真や動画を撮影します。

 

浮気の証拠だけではなく、

浮気相手の情報も依頼によって集める事もできるので、

慰謝料を浮気相手にも請求したい場合は有効です。

 

親切な探偵事務所の場合は、

第三者として裁判に出廷して証言までしてくれる所があるので、

親身になってくれる探偵事務所は強い味方です。

浮気の事実を本人が認めた録音

もし相手が浮気を認めた場合、証拠に残しておく事が大切です。

 

その場では認めても、

後からあれは嘘だったと言って誤魔化される可能性があります。

 

しっかりと録音して証拠を残す。

 

また、書面などに浮気を認める内容を書かせて、

署名捺印させて記録しておくというのも有効です。

 

肉体関係が推測する事が出来るメールやLINE

ただ単に、好きだよとか、会う約束をしているメールやLINEは証拠になりません。

 

肉体関係が分かる文章が確認できる内容でないと証拠として認められないという事なんですね。

LINEやメールの中で、

セックスについて会話している内容があれば有効だと言われています。

もし見つけたら写真に撮っておきましょう。

ラブホテルの領収書

領収書以外には、ラブホテルを利用したクレジットカードの請求書、

明細書も効果があると言われています。

 

ただし、これだけでは、決定的な証拠と認められない場合が多いので、

他の証拠と組み合わせ不貞行為を立証するのに役立ちます。

 

例えばその日は仕事だと言って出かけたのに、

ラブホテルに行っていたとなったら、行動に矛盾があるという事になりますね。

 

配偶者がクレジットカードを持っている場合は、

その明細書を確認しましょう。

 

もしラブホテルの請求が発見できた場合は、コピーを取っておきましょう。

友人や第三者の証言

ラブホテルに入るところを目撃した友人や知人がいれば、

その証言は証拠となります。

 

もし目撃した人がいれば証言して貰いましょう。

有力な証拠となります。

 

まとめ

メールや領収書単体では決定的な証拠にならないが、

複数の証拠を組み合わせる事によって、不貞行為を立証出来ます。

 

弱い証拠だけで相手に浮気している事を認めさせるのは困難です。

言い逃れする可能性が高いので、我慢して証拠を集めましょう。

 

証拠は多ければ多い程有効なので、

証拠となりそうな物は全部残しておきましょう。

 

写真や動画の撮影などはプロに依頼するとスムーズです。

探偵事務所に相談してみるのもおすすめです。

あなたの好みは?

人気の探偵ランキング

安い探偵ランキング

出張先の依頼に最適!規模の大きさランキング

 

探偵事務所をぶっちゃけ比較!
評判のいい探偵事務所6社の料金体系を比較、料金重視で選ぶ人必見
管理人T このブログの管理人Tです。 探偵事務所を選ぶ時料金体系が、一目見て分かる比較表の様な物があれば便利だ。 しかも、数ある探偵の中で、評判がいい探偵がピックアップされていたら選びやすいんじゃな...
出張先の浮気調査ができる評判のいい探偵比較、全国対応できる探偵は?
出張先の浮気調査ができる探偵比較 ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 ブログの管理人Tです。 出張先で浮気しているかも? 浮気調査したいとなった場合、 その地域の事をよく知らないの...