不貞行為の証拠がメールのみだが、浮気相手からの慰謝料や離婚は出来るのか?


パートナーの行動が怪しいという事でスマホをチェックした時に、

怪しいメールを発見。

 

明らかに浮気を匂わせる異性とのやり取りが有った。

 

そう言えば最近、帰って来る時間がやたら遅いと思っていたところ、何か怪しいと不審に思っていた所にこのメール。

 

これは決定的な浮気の証拠だ!

 

メールのやり取りを詳しく見てみると、

肉体関係を示すやりとりがかなり詳しく見て取れる。

 

二人が会っている時間帯なども分かる。

 

これは不貞の証拠になるんじゃないか?

という場合、このメールだけで大丈夫なのだろうか?

 

不貞の相手から慰謝料は取れるのだろうか?また、離婚出来るにだろうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不貞行為の証拠がメールしか無い場合

結論から言うと証拠になります。

ただし、パートナーが不貞行為を認めているのであればという事です。

 

もし、相手が不貞行為などしていないという場合、

当然ですが相手が不貞行為をしている事を証明しないといけません。

 

そんな場合、

メールのやり取りだけの証拠というのは、極めて弱いと思います。

 

というのが、メールの文章だけでは、

どうしても肉体関係を証明するという事は困難です。

 

メールにはこんな事書いているけど、

実際には全くそんな事やってないからねと言われてしまった場合、

「何か証拠があるんですか?」

と相手に言われた場合、次の手が無いのは苦しい。

 

なので、相手がメールだけで屈服するのであれば、メールだけでも、

慰謝料を取るのは可能だと思いますが、

相手が否定した場合、どうなるか分からないのです。

 

メールだけで勝負をかけるのか?

 

それとも、確実に相手側の証拠を掴む為に、

例えば不貞行為の証拠となる、写真や動画を撮影するなどの、

もう1つの決定的な証拠を入手する必要があると思います。

手のひら返しに注意

もう一つ心配なのが、相手が手のひら返しをする可能性があるという事です。

 

最初は不貞を認めていても、誰かの入れ知恵で、

急に不貞行為は無かったと言い出す可能性もあります。

 

なので、もし、相手が不貞を認めた場合は、

ICレコーダーなどで、浮気を認める供述を録音するとか、

紙に浮気しましたと一筆書かせるなど、とにかく証拠を残す事が必要です。

 

後で、そんな事知らないと言う人間などたくさんいるのです。

携帯電話の発着信は証拠になるか?

もう1つは、携帯電話の発着信です。

不自然な時間に頻繁に連絡を取り合っているとなった場合、

不貞を疑ってもいいと思いますが、それが証拠になるとは言い切れません。

 

なので、携帯の発着信も、肉体関係を証明するには、

ちょっと薄い証拠なので、

単独で証拠とするのは、厳しいのではないでしょうか。

どんな証拠なら不貞の証拠になるのか?

不貞を証明するのであれば、二人が定期的に密会をして、

肉体関係を結んでいる証明をしなくてはいけません。

 

1回だけであれば、証拠として認められない場合があります。

 

なので最低でも2回、例えばラブホテルなどに入って行く、

ツーショット写真と、ラブホテルから出て来るところを撮影した写真、

又は動画が必要になってきます。

どうせなら浮気相手からも慰謝料をたっぷり取りたい

当然の気持ちだと思うのですが、裏切ったパートナーや、

浮気相手に慰謝料を請求したいという気持ちが出て来ると思います。

 

過去の裁判の判例では、

不貞で離婚した場合、慰謝料は300万〜400万が相場と言われているそうです。

 

しかし、これは明確な基準が決まっているわけではありません。

 

不貞行為を行なっていた期間や、その頻度、

不倫相手の経済力など色々な側面から決められる様です。

 

なので、直接的な証拠となる密会の写真や動画、

それに不倫の期間を推測できるメールのやり取りや、

電話の発信や着信記録など、様々な証拠を総合して判断されるので、

証拠となる武器が多い方が有利になる事は目に見えています。

 

慰謝料が取れない場合もある

不貞行為があったと認められても、

不倫相手からの慰謝料が認められなかったケースがあるので紹介しておきます。

一瞬何で?と思ってしまいますが、実際にあったケースです。

 

不倫相手が、パートナーが独身だと思って付き合っていた場合

当然これは、相手は普通に付き合っていると思っていたのだから、

不倫相手に罪はない、なので、この場合はパートナーに憎しみをぶつけるしかない。

 

仲が悪く別居中に別の相手と付き合っていた場合

このケースは不貞行為が始まった時には既に婚姻関係が破綻していたと判断されたのです。

この場合は慰謝料は認められませんでした。

 

パートナーが相手を脅して付き合っていた場合

稀なケースですが、不倫相手が実はパートナーに脅されていて、

仕方なく付き合っていたというパターンです。

当然これも、相手に慰謝料を請求する事は不可能です。

<スポンサーリンク>




おすすめ記事

浮気調査で探偵を雇った場合の費用相場はいくらが妥当なのか

旦那が浮気!どうする?無料カウンセリングを利用するのも方法です

会社で浮気するのが上手い奴の手口とは?バレない不倫方法

浮気調査で探偵を雇った場合の費用相場はいくらが妥当なのか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
浮気調査
Tをフォローする
探偵を使った浮気調査について語るブログ