浮気調査はどこまで調べられる?探偵を雇って出来る事はこれだ!


 

 

探偵を使った浮気調査ってどこまで調べられるんだろう?

パートナーの浮気で困っているけど実態が分からない。

浮気している相手が分かるの?

どこで会ってるかも分かるの?

探偵に依頼したらどの位の費用がかかるの?

どんな探偵に依頼したらいいのか?

 

 

こんな疑問について解説したいと思います。

 

この記事の内容

浮気調査はどこまで調べる事ができるのか?

浮気調査を依頼した時の費用は?

浮気調査で選びたい探偵の条件

 

この記事を書いている私は、妻の浮気調査を探偵に依頼して、

証拠を取って貰った経験があります。

その経験に基づき書いています。

浮気調査はどこまで調べる事が出来るのか?

浮気調査を探偵に依頼した場合、以下の事を調べる事が可能です。

・浮気相手との親密さ

・浮気相手の名前や住所

 

配偶者以外の人と肉体関係を持つ事を不貞行為(ふていこうい)と言います。

民法770条

もし、この様な事があった場合は、不貞行為を理由に離婚する事も出来るし、

慰謝料を請求する事も出来るのです。(民法710条)

 

この不貞行為を証明する為に探偵がいます。

 

探偵は探偵事務所で研修を受けたり、探偵を教育する探偵学校などで、

知識を付けた者が、知識、体力、専門機材を使って浮気の証拠を掴みます。

 

勿論、法律に則った調査しか出来ないので、

人の家に侵入したり、勝手に他人の家に盗聴器などを仕掛ける事は出来ません。

 

それでは、具体的に探偵が行なっている事を紹介します。

出来る事その1 浮気をしている証拠を写真や動画に取る

パートナーの浮気調査を探偵事務所に依頼する時、

パートナーの写真を渡し、立ち寄り先などの情報を提供して、

そこで、待ち伏せしてもらい尾行を行います。

 

尾行は徒歩で行う場合と、車やバイクを使う場合があります。

 

そして、様々な角度から証拠となる写真を撮影します。

決定的な証拠にならないと意味がありませんので、

相手の顔が写っている写真を撮ります。

 

そして、ラブホテルに入って行くところ、

更に、数時間して出てくる所を、証拠の写真やビデオに収めます。

(ラブホテルに入ったけど、すぐに出てきたなどと言い訳が出来ない様に、

日付と時間が入った写真やビデオを撮影する必要があります)

ラブホテルの出入りの写真や動画は不貞行為の証拠になります。

どんな言い訳をしても浮気したと認定されます。

 

これを報告書としてまとめます。

動画はDVDにして渡してもらえます。

通常浮気の証拠を取った場合、ここまで鮮明に映っていると、

相手は諦めて慰謝料の請求に応じますが、

稀に抵抗して揉める場合があります。

 

その場合でもキッチリした探偵の報告書は動かぬ証拠となります。

その為にも、証拠が取れる探偵に依頼する必要があります。

出来る事その2  浮気相手の情報を調べる

浮気相手に慰謝料を請求するのであれば、

相手の名前や住所などが必要になります。

 

探偵は密会の現場から更に尾行を続け、

相手の住所や名前を割り出します。

 

住んでいる家を尾行で突き止め住所を割り出す。

 

そして、家の表札や近所への聞き込みなどから、

 

名前を割り出すという事を行います。

 

また、更に尾行を続けると、勤め先の会社も特定できますね。

 

慰謝料を取る場合は、相手に内容証明を送り慰謝料請求をする事も可能です。

相手はさぞかし驚くでしょう。

 

この事がきっかけて、浮気に懲りて、

パートナーが浮気相手と、きっぱり別れたというケースもあるし、

離婚するにしても、浮気相手から慰謝料を取って、スッキリするという事も可能です。

GPSを貸し出し、行動記録を知る事が出来る

探偵が行動を調べる為に、他人の車にGPSを取り付けた場合は問題になるが、

夫婦の共有の財産である車に自分でGPSを取り付けても何ら問題はありません。

 

いつ浮気しているのか分からないという場合は、まずGPSで行動パターンを確認し、

怪しい行動をチェックします。

 

また、今のGPSは進化していて、行動の記録が残ります。

 

何時何分にここにいて、

その後、何時何分にこの道を通って、

ここにいたと記録が残ります。

 

ただ、これだけでは、証拠になりませんので、その現場に探偵に行ってもらって、

動画か写真を撮って貰います。

盗聴器を使った調査

どうも自分が留守の時の自宅での行動が気になる。

そんな時は自宅に盗聴器を仕掛けて貰います。

盗聴器で電波を受信して、それを聞く事は犯罪にはなりません。

 

また、他人の家ではなく自分の家に仕掛けたとしても全く問題がない。

 

ただし、浮気相手の家に忍び込んで盗聴器を仕掛けた場合は、

住居侵入となり逮捕されていまいます。

 

探偵も営業停止や逮捕されるリスクがありますので、

依頼があったとしても、拒否するでしょう。

浮気調査の費用の相場

探偵を雇った場合の費用の相場を解説します。

調査員2人で1時間浮気調査した場合、

平均で1時間 1.5万円〜2万円という統計が出ています。

一般社団法人東京都調査業協会の調査

この料金プラス諸経費。

ガソリン代や車両代、機材代など。

 

この数字から、

1日6時間調査した場合の料金を計算すると、

9万円〜12万円+諸経費

 

というのが一般的です。

 

ただし、探偵によって料金はバラバラです。

どんな探偵に依頼すればいいのか?

探偵事務所に依頼する時、どの様な探偵に依頼するべきでしょう。

チェックすべきポイントを簡単に紹介します。

 

・料金がホームページに記載されている。

探偵事務所のホームページを見ると、調査料金が全く書かれていない、

物もあります。

しっかりと金額が書いてある所に依頼する。

 

・電話で問い合わせた時、しっかりと質問に答えてくれる。

電話で問い合わせて質問すると、取り敢えず事務所に来て下さいと、

余り質問に答えようとしない探偵は注意が必要です。

どんな質問をされても、しっかりと答える事が出来る。

当然の事が出来ない探偵を信用する事が出来るでしょうか?

 

・しっかりとした組織で業務を行なっている探偵。

探偵は全体の約7割が個人事業主です。

法人の探偵でも数名で行なっている小規模の事業者が殆どです。

個人4151件 法人1540件 (平成28年の探偵届出件数 警察庁の探偵業の概要より)

やはり1人でやっている会社より、しっかりと会社組織で行なっている探偵のほうが、

資金名や組織力、調査力に期待が出来ます。

これは、個人がダメと言っているのではなく、

失敗するリスクが少ないという意味です。

 

初めての方は以上の事を確認して依頼しましょう。

 

これらの条件を満たしていて、このブログからも最も問い合わせが多いのが、

HAL探偵社なんですが、やはり料金もハッキリと答えてくれ、

失敗した場合は、料金がかからないなど、

リスクをしっかりカバーしてくれる、成功報酬型の探偵に人気が集まっています。

 

浮気に気付いた場合は、探偵に相談してみる事をおすすめします。

 

 

あなたの好みは?

人気の探偵ランキング

安い探偵ランキング

出張先の依頼に最適!規模の大きさランキング

探偵事務所をぶっちゃけ比較!
評判のいい探偵事務所6社の料金体系を比較、料金重視で選ぶ人必見
管理人T このブログの管理人Tです。 探偵事務所を選ぶ時料金体系が、一目見て分かる比較表の様な物があれば便利だ。 しかも、数ある探偵の中で、評判がいい探偵がピックアップされていたら選びやすいんじゃな...
出張先の浮気調査ができる評判のいい探偵比較、全国対応できる探偵は?
出張先の浮気調査ができる探偵比較 ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 ブログの管理人Tです。 出張先で浮気しているかも? 浮気調査したいとなった場合、 その地域の事をよく知らないの...