リスク(LISK)コイン今後が注目されている理由、仮想通貨LISKはどんなコイン?

リスク(LISK)コイン今後が注目されている理由、仮想通貨LISKはどんなコイン?
Pocket

今日は仮想通貨のリスク(LISK)コインについて解説したいと思います。リスクはどんな通貨なのでしょうか?どんな特徴があるのでしょうか。また、将来性はあるのか?値上がりする可能性はあるのか?など、気になる存在です。

実はリスクは今後飛躍するのではないか?と注目されています。

それは何故なのか?

という事を今日は紹介したいと思います。

スポンサーリンク

リスク(LISK)の今後が注目される理由

まず、リスクとはどんな仮想通貨なのかを確認しましょう。

リスクの特徴

リスクはLISKと書きます。危険の意味であるRiskとは違います。

LISKの意味は「簡単」という意味だそうです。

Risk 危険

LISK 簡単

誰でも簡単にリスクを使う事が出来るという所からのネーミングだそうです。

 

このリスクは以前このブログで紹介したコイン、イーサリアムと同じプラットフォーム型に分類されるコインです。

プラットフォーム型とは何かと言うと、ビットコインの様にお金の決済で使うという事ではなく、リスクを元にして何かするという事です。

お金として使う目的ではないという事です。

イーサリアムで説明したスマートコントラクト技術がリスクでも使用されています。

単なるお金のやりとりだけでなく、契約や取引などの情報も乗せる事が出来るので、企業の資金調達ICOなどを行ったり、アプリの開発も行えるという機能があります。

またリスクは発行数に制限は無く、毎年減少していくという方式を取っています。ビットコインは発行枚数が決まっていますね。

イーサリアムとの違い

では、機能が似ているイーサリアム(ビットコインに次ぐナンバーツーの通貨)とどんな違いがあるのか確認してみましょう。

危機管理能力が高い

リスクには、メインチェーンとサイドチェーンがあります。ブロックチェーンが2つあるという事。

メインとなるメインチェーンにトラブルが発生した場合、サイドチェーンから修復する事が出来るのです。

なので、メインチェーンとサイドチェーンに分ける事により、深刻な問題がメインチェーンに起こっても、ハードフォークしないといけないというリスクを軽減する事が出来るのです。

スピードが速い

処理スピードが速いというのもリスクの特徴です。ここでもサイドチェーンが有効になります。メインチェーンの一部の情報をサイドチェーンに書き込んでいく事が出来るので、メインチェーンにかかる負荷を減らす事が出来る。

その為にブロックチェーンが生成されるスピードが速い。ビットコインがブロックを1つ生成するのにかかる時間が10分、リスクは同じ作業を10秒で行う事が出来る。もちろんこれは、イーサリアムよりも速いです。

JavaScript(ジャバスクリプト)を採用している

JavaScriptという言葉を聞いた事をないでしょうか?JavaScriptはコンピューターの言語の事です。世界中のエンジニアに使われているコンピューター言語になるので、幅広い分野で応用が期待出来るという事です。色々な業界でリスクのブロックチェーンが使われる可能性があるんですね。

pos (proof-of-stake) による承認

ブロックチェーンの大きなイノベーションの1つとして、pow(proof-of-work)があります。データの改ざんを防ぐ為に、分散合意システムを取り入れています。

このpowはマイニングの事で早く、しかも大きなデータを処理すれば勝ち、そして大量の電気代をかける人ほど恩恵を受ける事が出来るという物です。

昔であれば、ビットコインなども、パソコン1台でマイニングを行う事が出来たが、今では実施不可能なのはご存知だと思います。

広大な土地を持ち、無数のマイニングコンピューターを持って、組織的に作業する人が出てきて、マイニングを独占するマイナーが出てきて、そのマイナーの発言力が増します。

51%アタックというのですが、悪意を持った人がマイニングの過半数を独占してマイニングネットワークをコントロールする。

悪事を働く可能性も出てくるという事です。

そこで、リスクはpowではなく、pos(proof-of-stake)による承認を採用しています。

workは計算するパーワー(仕事量)が大きい人程ブロック承認率が高いのに対して、posは資産の保有量が大きい人程ブロックの承認率が高くなるというシステムになっています。

なので、マイニングの成功率はこのリスクのコインを、たくさん保有する人程高くなるので、もし、悪い事を考えても、たくさんコインを保有しなければいけないし(お金がかかる)また、それだけ沢山のコインを保有すれば自分にもダメージが降りかかる事になるという仕組みです。

リスクの今後

リスクの今後の予定では、提供しているアプリケーションのプラットフォームがアップデートの予定があるという事と、2018年にモバイルとデスクトップアプリのリリースが予定されている。また、リスクのブランド名が変わるという発表がされている。

 

関連記事

関連記事:イーサリアムとは 簡単に言ったらどんな仮想通貨なのか?

関連記事:仮想通貨の種類が多い取引所はどこ?マイナー通貨で大きく稼ぎたい

関連記事:リップルコインとはどんな通貨?簡単に分かりやすく、今後期待できるか

関連記事:トークンとはどういう意味か、仮想通貨と何が違うのか?簡単に

関連記事:ファクトム(仮想通貨FCT)とは?特徴と高騰の可能性

スポンサーリンク

アルトコインカテゴリの最新記事