イーサリアムとは 簡単に言ったらどんな仮想通貨なのか?

イーサリアムとは 簡単に言ったらどんな仮想通貨なのか?
Pocket

ビットコインのニュースが最近多いですね。上がった、下がったと、仮想通貨の価格に一喜一憂していますが、熱心な仮想通貨のファンの中には、将来的にビットコインの時価総額を上回るのではないか?と言われている仮想通貨があります。

それが、イーサリアムです。

イーサリアムは単なる仮想通貨ではないと言います。今までに無い画期的な機能を搭載しているそうです。一体どういう物なのでしょうか。

今日はイーサリアムについて書きたいと思います。

同じ仮想通貨のビットコインと比較した場合、どんな違いがあるのか?という事を簡単に分かりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

イーサリアムとは?簡単に分かりやすく

イーサリアムの特徴

イーサリアムは従来のビットコインの技術であるブロックチェーンを応用したスマートコントラクトという技術が注目されています。

従来の場合、誰々からビットコインをどれだけの量送ったという送金の情報をブロックチェーンに記録できたが、その情報プラス、独自のユーザーが定義した契約内容を書き加える事が出来るのです。

ビットコイン→お金のやりとり

イーサリアム→お金のやりとり+契約 取引 決済

なので、単なるお金の支払いだけであれば、ビットコインで十分なのですが、それにプラスして、それぞれの人や企業が独自の約束事、契約を書く事が出来る。

これから、考えられるイーサリアムの使い方

ICO(新規仮想通貨公開)

今までであれば、企業の資金調達方として、株式上場がある。IPOですね。株式を発行して、それを買った人からお金を集めるという。それに対してICOはこのイーサリアムの技術を使って、企業は自社のコインを発行する。そしてそのコインには、投資してくれた人には利益を出す事ができたら、その利益からこれだけの額を還元しますという約束が付け加えられている。そして、その目標が達成されたら、お金が支払われるという仕組みです。

イーサリアムの新しい使い方を研究

このイーサリアムのスマートコントラクトは、企業にどんな活かし方があるか研究されています。イーサリアムの企業連合「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス」が発足しています。

参加している企業は、

マイクロソフト

インテル

JPモルガンチェース

他にも日本からは、トヨタの人工知能研究の子会社、三菱UFJフィナンシャルグループ、KDDIなどが参加。

500以上の企業が参加しています。

イーサリアムクラシックとの違い

イーサリアムクラシックは、イーサリアムのハードフォークにより分裂した通貨です。分裂した経緯は「The DAO事件」と呼ばれる出来事がきっかけです。この事件はスマートコントラクトコードの脆弱性をついて当時の金額65億円相当のイーサリアムが不正に送金された事件です。

これに対して、ハードフォークで、この送金をなかった事にし、この問題は解決したのですが、コミュニティの一部の人が、「それって中央管理的な介入じゃないの?」と反発して、ハードフォークを拒否。それがきっかけで、クラシックが誕生しました。

クラシックはイーサリアムを持っている人に同じ数のイーサリアムクラシックを付与しました。で、現在に至るという事です。

イーサリアムとイーサリアムクラシックの内容に大きな違いはありません。

関連記事

関連記事:ビットフライヤーがつながりにくい!ログインできない、画面が真っ白!

関連記事:リスク(LISK)コイン今後が注目されている理由、仮想通貨LISKはどんなコイン?

関連記事:リップルコインとはどんな通貨?簡単に分かりやすく、今後期待できるか

関連記事:ネム NEM コインの特徴、ネムの高騰が期待できる理由

スポンサーリンク

アルトコインカテゴリの最新記事