アプリとは 料金がかかるのか?通信量はかかるの?お金の話

Pocket

始めてスマホを持った方にとって、何をすればお金がかかるのかは心配なところではないでしょうか?スマホを買ったら、皆さん最初に行うのがアプリのインストールです。アプリはアプリケーションの略です。

有名なアプリと言えば、LINEですよね。元々LINEの機能はスマホには無いのですが、LINEというアプリをインストールする事によって、LINEの機能が使える様になるんですね。

LINE以外にも、様々なアプリがありますね。ゲームのアプリだったり、音楽を聴く為のアプリだったり、Twitterとかインスタグラムのアプリだったり、無数にあります。

さて、この色々あるアプリですが、どこまで無料で使えるのでしょうか?お金かかるんじゃないの?と恐る恐る使っていても、楽しむ事は出来ません。なので、アプリを使ううえで基準となる料金の事を今日はマスターしていただければと思います。出来るだけ初心者の方にも分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

アプリとはどの程度の料金がかかるのか?

無料アプリでも、その後お金がかかるアプリもある

まず、一番最初に見るところは、そのアプリが有料のアプリか無料のアプリか?という事です。iPhoneを例に出すと、AppStoreのアプリを開くと、様々なアプリが表示されます。

アプリのランキングを見てみると、有料と無料に分かれています。

こっちが有料

料金が表示されていますね。

そして、こっちは無料です。

無料の場合は、金額が表示されておらず、ただ入手と書いています。この入手と書いてあるアプリは無料のアプリです。

ただし、無料のアプリをずっと見ていくと、こんなのが出てきます。

ちょっと小さくて見にくいですが、App内課金と書いてあります。これは、何かというと、アプリ自体は無料で遊ぶ事が出来ますが、アプリの中で契約を結んで有料で遊ぶというプランもありますという意味です。

使い方によってはお金がかかるという事です。

例えば、この写真にあるLINE MUSICというアプリを例にとると、

LINE MUSICの公式の説明を見ると、どうい事が書いてあるかというと、

無料で楽しめる!

会員登録なしで30秒楽しめます。

と書いてあります。

で、その下に料金プラン

プレミアムプラン

月額 960円(税込)と書かれています。

なので、LINE MUSICの中でプレミアムプランに加入したら、別途月額960円かかりますよと、いう事なのです。

無料で遊べないわけじゃ無いんですけど、有料のもありますよと、音楽好きな人が、たった30秒の再生で満足出来るはずありませんよね。

なので、アプリ自体は無料でも、無料だけではちょっとキツイというアプリが、App内課金のアプリです。

これは、アプリを作っている企業の戦略ですね。

最初は無料でたくさんのお客を集めて、その内の何割かが課金するというビジネスモデルですね。

通信費はどうなるのか?

アプリを使うと通信費はどうなるのか?

当然アプリはインターネットに繋がっているから、インターネットで通信は行われている。(通信の必要がないアプリもあるかもしれないが、数は少ない、通信が行われていると思った方がいいです)

しかし、携帯電話会社の通信プランで、その料金は支払われているはず。

スマホを買う時に、何らかのインターネットの通信プランに入っているはずです。なので、毎月の携帯の請求にインターネット料金も含まれているはず。

あるとすれば、通信量2ギガまではこの料金というプラン入っていたとして、その月インターネットをたくさん使ってしまって、2ギガを超えてしまった。

それに対して、通信制限と言って、通信スピードが遅くなる制限がかかるかもしれない。

なので、その様な事が度々起こるのであれば、通信プランの見直しをするか、Wi-Fiを導入する事をおすすめします。

(自分の通信プランが分からない場合は、携帯ショップの窓口で確認しましょう)

Wi-Fiって何?

Wi-Fiは携帯電話と別の電波の事です。Wi-Fiに繋がるとスマホにこんなマークが出てきます。

この扇型のマークですね。このマークが出ている時はWi-Fiという電波に繋がっている事を意味します。携帯電話の通信は使っていないという事ですね。

Wi-Fiを使う方法

自宅でインターネットを契約して、Wi-Fiが使えるルーターを設置する。

出典:goo.gl/dyXEU7

インターネットの利用料金はかかるが、一度に複数のスマホやパソコンを繋ぐ事が出来るので、家族がいる人にはおすすめな方法です。家の中では通信量を気にする事なく、インターネットを楽しむ事が出来る。

ポケットWi-Fiを契約する

出典:goo.gl/XoTpG7

持ち運びが出来るポケットWi-Fiは、家の中でも、外でも常にWi-Fiの電波に繋ぐ事が出来ます。お出かけが多い人におすすめです。

無料Wi-Fiスポットを利用する

今様々なお店や施設で無料のWi-Fiを提供しているスポットがあります。そんな場所に行って、Wi-Fiに接続すると、通信量を気にする事なく、インターネットを楽しむ事が出来ます。家の近くに無いか探してみるのもいいのではないでしょうか。

今までの話のまとめ

■アプリは無料と有料のものがある

■無料のアプリでもApp課金と言って別途料金がかかるアプリがある。

■アプリは基本インターネットで通信して使っている

■インターネットの通信量は携帯電話会社に支払っているはず

(分からなければ、携帯会社に確認)

■通信制限が気になる場合はWi-Fiを検討する

スポンサーリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AMP