iphoneなくした時の探し方、友達のiPhoneを探す方法はあるか?

Pocket

仲のいい友達がiPhoneを失くしちゃった!何とかして協力したい、僕もiPhoneを使っている、何か方法はないのか!という事で、このページにたどり着いたのかもしれないあなたに、iPhoneの探し方をお伝えします。

この問題が最短で解決する方法をアドバイスします。

必ずこの記事を最後までしっかりと読んで下さいね。

スポンサーリンク

友達の失くしてしまったiPhoneを探す方法

確認1 iPhoneを探すがオンになっているか?

友達のiPhoneを探す唯一の方法は、失くしたiPhoneの機能、「iPhoneを探す」がオンになっているかどうか?という事です。

iPhoneを探すは、iCloudの中にある機能です。

どこに、オン、オフがあるかというと、

設定>自分の名前>iCloud>iPhoneを探すです。

ここがオンになっていなければ、探す事は不可能である事をまず、理解して下さい。

この機能がオンになっていれば、失くしたiPhoneを別のiPhoneやiPad、iPod touch、パソコンなどから探す事は可能です。

もし、失くした人が明確にiPhone探すをオフにしていたなぁと認識している様であれば、探す方法は残念ながらありません。

警察に盗難届を出して、出てくるまで待つしか方法はありません。

メーカーのAppleに問い合わせは全くの無駄

Appleのサポートセンターに電話をして探して貰えないかな?なんて思ってしまう人もいるかもしれませが、メーカーのAppleは、販売したiPhoneの場所を全部把握しているなんて、事はありえませんので、電話するだけ無駄です。

また、買った携帯ショップに電話したり、電話会社に電話して聞いても、iPhoneの場所は分かりません。時間の無駄になるので、問い合わせはやめておきましょう。

iPhoneを探すがオンになっていたら、これが出来る

iPhone探すをオンにしていた場合、見つかる確率はグンとアップします。しかし、このiPhoneを探すで失くしたiPhoneを探すには条件があります。

これが使えるかです。

別のiPhoneやiPad、iPod touch、パソコンで、失くした人が使っているApple IDを使ってiPhoneを探すにサインインする必要があいます。

iPhoneを探すが使えれば

iPhoneを探すがオンのiPhoneであれば、他のiPhoneやiPad、iPod touch、パソコンなどで、iPhoneを探すアプリか、パソコンのiCloud.comのサイトで、iPhoneを探す事が出来ます。

iPhoneを探すを使って探せば、地図上に失くしたiPhoneが表示され見つける事が出来ます。地図はかなり精度が高いです。

確認2 同じApple IDで使っている別のiPhoneやiPad、iPod touchは無いか?

もし、失くしたiPhoneのiPhoneを探す機能がオンになっているならば、一番最初にする事は、失くした人が、同じApple IDを使っている別のiPhone、例えば前に使っていた一個前のiPhoneとか、或いは、iPad、iPod touchなどは無いかを確認します。

もし、あればその別のデバイスを使って失くしたiPhoneを探す事が出来ます。もしあれば、後は探すだけです。

確認3 Apple IDとパスワードを分かっているか?他人のiPhoneから試す

他の人のiPhoneを借りてiPhoneを探すを使う

同じApple IDでサインインしているデバイスが無いのであれば、他人にiPhoneやiPadを借りて試してみるという方法があります。(パソコンでも可能、但し古いパソコンは無理)しかし、この方法は失敗する可能性がある事を最初に伝えておきます。

他の人のiPhoneを借りて、iPhoneを探すのアプリを起動してもらいます。

iPhoneを探すにApple IDとパスワードを使ってサインインします。

無事にサインインできれば、地図が出て来てiPhoneを探す事が出来ます。

iPhoneの電源が入っていて、インターネットに繋がっているのか?

ここで問題になるのは、iPhoneは電源が入っているのか?という事です。

iPhoneの電源が切れていて、オフラインの場合は、iPhoneの位置を確かめる事は出来ません。

オフライン状態でiPhoneが以前いた位置で止まっている。その後動いていても、検知出来ません。オンラインの場合は、緑の丸になっているが、オフラインはグレー表示になっている。

なので、iPhoneの電源が落ちていれば、その時点でアウトです。

残念ですが、探すのは諦めるしかありません。

失くした人はApple IDとパスワードを知っているか?

この方法を試す前に確認すべき事があります。まず、自分が使っているApple IDとパスワードをiPhoneを失くした人が知っているかどうか?

Apple IDはメールアドレスです。何らかのメールアドレスがApple IDとなっています。

そして、もう一つはパスワードです。パスワードは8文字以上で、一文字以上必ず、大文字と小文字が含まれている英数字になります。

もし、Apple IDとして使っていたメールアドレスも分からないとなった場合、これ以上この手順を進める事は出来ません。

Apple IDが分からない場合は、Appleのサポートセンターに電話をかけて、本人確認が出来れば教えてくれるかもしれません。本人確認とは、Apple IDを作った時に秘密の質問を3つ設定していて、その質問が答えられれば教えてくれるというものです。

この質問を設定せずに、2ファクタ認証という認証方法で使うタイプに設定している場合もあるのです。この場合は諦めるしかありません。

ただし、昨今どの企業も個人情報の取り扱いは年々厳しくなっているので、秘密の質問が設定されていて、答えが分かったからといって、Appleが教えてくれるかどうかはAppleに問い合わせて聞いてみる必要あります。

Apple IDが分からない、この場合も諦めるしかありません。

パスワードを忘れた

2ファクタ認証になっていたら、きびしい

Apple IDは分かるがパスワードが分からない場合、もし、Apple IDに秘密の質問が設定されているのであれば、AppleのMy Apple IDというサイトに行けば、パスワードをリセットする事が出来る。

このページに行って、Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?という所をクリックして、秘密の質問に答え、正解すればリセットする事が出来ます。

しかし、このApple IDが2ファクタ認証になっていたなら、パスワードをリセットする事が出来ない。パスワードを変える為には、Apple IDに登録したデバイスから変更する必要があるのです。

そのApple IDに登録されている信頼できるデバイスが失くしたiPhoneだけなら、リセットする事が出来ないのです。

Apple IDに登録しているデバイスか、Apple IDに登録している電話番号でを使うの二種類しかありません、ここまで、読み進めているという事は、他のデバイスがないからだと思いますので、「信頼できる電話番号を使用」を選び続けるで進むしかありません。

しかし、これを選ぶと、Apple IDの復旧というところに進んでしまいます。

このApple IDの復旧を行うと数日後に登録されている電話番号に自動音声、テキストメッセージでApple IDの復旧手順のお知らせが来ます。

ここまで、来た場合、失くしたiPhoneを見つける作業以前に、Apple IDを使えない問題を解決する必要があるのです。

Appleからの自動音声やテキストメッセージを受信できる様に、iPhoneの代替え機をレンタルして、同じ電話番号で音声通話、テキストメッセージのやりとりが出来る様に準備しておきましょう。

Apple IDの問題が解決してから、もう一度iPhoneを探すを試してみましょう。

という事で、説明は以上となります。

2ファクタ認証とは?

2ファクタ認証は、Apple IDとパスワードが分かっていたとしても、初めてのデバイスでApple IDにサインインする時に、以前から使っている信頼出来るデバイスにサインインを許可する認証が送られる事です。もし、そのデバイスで認証がされなければ、サインインする事が出来ないという設定の事です。

信頼出来るデバイス側

出典:goo.gl/a4oyyh

サインインしようとしているデバイス側

もし、2ファクタ認証になっていて、信頼できるデバイスが失くしたiPhoneしかないのであれば、失くしたiPhoneに確認コードが飛んだとしても、そのコードを見る事が出来ないので、サインインする事は出来ないですね。

ただし、稀にApple IDに自宅の固定電話の番号などが紐づいていて、自宅の電話に確認コードのお知らせを音声案内出来る場合がある。その場合は音声案内を選ぶと自動音声で確認コードをお知らせしてくれる事もあります。

ただし、これは固定電話の番号がApple IDに紐付いていた場合のみのイレギュラーな方法です。念のために、「確認コードを受信されませんでしたか?」という所を押してみて、その様な文言が出てくるのか試してみましょう。

まとめると、

1.iPhoneを探すがオンになっていなければ、探す事は出来ない

2.iPhoneの電源が入っていて、インターネットに接続されていないと探す事は出来ない

3.Apple IDとパスワードが分かっていないと探す事が出来ない

4.Apple IDが2ファクタ認証の場合は、例えApple IDとパスワードが分かっていても、信頼出来るデバイスで認証しないといけない

5.Appleや電話会社に聞いても、iPhoneは探せない

以上になります。

スポンサーリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AMP