夫の浮気で離婚したい場合の取るべき行動とダメな行動


夫の浮気で離婚したい場合の取るべき行動

夫が浮気していた。

離婚したいとなった時にまず何をしたらいいんでしょうか?

今日はそんなお話をしたいと思います。

 

今この文章を読んでいる方に心理は様々だと思います。

1.裏切られた〜!とショックを受け悲しい気持ち

2.ふざけるな!と相手のした事に対する怒りで、めちゃくちゃ怒っている

3.もう怒りを通り越して、すっかり冷め切っている

 

まず、夫の浮気はほぼ間違いなく、もう離婚したいと思っているのなら、

冷静な3番の心境になる事をおすすめします。

一番やってはいけないのは、

怒りにまかせて浮気を相手に問い詰める事だと私は考えています。

 

このブログでも、何度も言ってる事ですが、この問い詰めるという行動は、

自分が進めたい方向に不利になる可能性があるからなんです。

 

妻に、

「浮気したでしょ!」

と言われて、普通の人間なら「いや、してない」と答えるのが、普通じゃないでしょうか?

何か、証拠となる物があれば、いいのですが、証拠は何もない。

 

或いは、証拠があったとしても、決定的な証拠じゃない場合、

あらゆる手段を使って誤魔化すのが、男というものです。

 

一番最悪なのは、相手が浮気してないと主張して、離婚できない事です。

離婚もできないし、慰謝料を取れない。

そんな状態にならない様にしたいですね。

浮気が原因でスッキリ離婚する為には

しっかり認めさせて、慰謝料を請求する

民法で定められている離婚できる理由は以下になります。

1.不貞行為

浮気相手と肉体関係が定期的に続いていた。

2.悪意の遺棄

同居の義務を怠る、協力義務を怠る、生活費を入れないなど。

3.三年間の生死不明

三年間生きてるか死んでいるか分からない状態。

4.強度の精神病で回復の見込みがない

精神疾患が酷く、治りそうもない。

5.その他婚姻を継続しがたい重大な事由がある時。

 

という事になっています。

で、今回は浮気という事で、一番の不貞行為という事になるのですが、

相手が浮気していないと主張した場合、

その主張を崩すための証拠を相手に示さないといけないのです。

 

なので、浮気を疑って、離婚を決意した場合、

まず浮気の証拠を集める事をまず最初に行います。

 

例えば

■怪しいメールやLINEなどのやり取りをスクリーンショット(写真)に撮っておく

■浮気相手との性交渉の写真など携帯に無いか調べる

■出かけて、毎回遅くなる日をカレンダーでチェックし行動パターンを把握しておく

■ラブホテルなどのレシート、クレジットカードの支払いが無いかチェックする

■浮気を調べるのに、協力してくれる人がいれば、相談する

■浮気の目撃者を探す

などなどです。

 

もし、ある程度の証拠があって、相手が観念するだろうという、

かなりの自信があるのであれば、証拠を突きつけて、

相手に浮気を認めさせます。

 

その場合、やり取りを録音します。

相手が浮気を認めた場合、決定的な証拠になります。

 

なので、相手が浮気を認めた場合は、必ず録音しておきましょう。

 

もし、相手が浮気を認める証拠が乏しい場合は、探偵に依頼して、

決定的な証拠を取って貰うのも有効です。

念書を書かせましょう

相手が浮気を認めたら、認めたという証拠を更に残す為に、念書を書かせます。

念書の内容は、

「どこの誰と、いつからいつまで、どこで、何をしたか」

を書かせて、署名捺印させます。

私は、〇〇〇子(相手の住所もしくは、勤務先も書かせる)さんと、

何年何月から、何年何月にかけて、何回程、〇〇のホテルで、

肉体関係を持ちました。

 

この事は間違いなく事実です。

 

氏名、住所、念書を作成した日付を書かせて、捺印させます。

慰謝料を請求する

浮気を相手が認めている場合は、慰謝料を相手に請求する事が可能です。

夫ではなく、浮気相手に慰謝料を請求する事も可能です。

 

ただし、以下の場合は慰謝料を請求できません。

 

浮気相手に慰謝料を請求できないケース

■夫の事を独身だと思っていた

■夫に脅されて肉体関係を持っていた

相手に過失がある場合は、慰謝料を請求する事ができます。

 

慰謝料を請求する場合は、相手の名前、住所などが必要です。

 

浮気相手が不倫がバレたと逃げ回った場合、

慰謝料請求の内容証明を浮気相手に送る事もできます。

 

内容証明を相手が無視した場合は、訴訟を起こします。

慰謝料の相場

浮気の慰謝料の相場は、50万円から300万円と言われています。安くなるのは、

離婚や別居をしなかった場合は、安くなります。

 

浮気が原因で別居したり、浮気が原因で離婚した場合は高くなります。

離婚した場合は、200万円から300万円と言われています。

 

夫から300万、浮気相手から300万を取る事は出来ません。

不貞行為は、2人でやった事なので、2人がやった事に対して、

200万とか300万の慰謝料になります。

 

どちらからか先に取った場合は、もう一人に請求は出来ません。

どちらから取るかは、あなたが決める事ができます。

 

最後に

離婚するとなった時、今後の生活や受けたダメージを考えた場合、

慰謝料は取るべきだと私は思います。

 

その為には、夫や浮気相手が誤魔化せない様に、

証拠を提示する必要があります。

 

そこには、冷静な行動が求められます。

 

感情的になって問い詰めても、物事が先に進まないので、

離婚を決意した時は、まず、落ち着く事が大切です。

おすすめ記事

浮気調査で探偵を雇った場合の費用相場はいくらが妥当なのか

浮気調査はどこまで調べられる?探偵を雇って出来る事はこれだ!

旦那が浮気!どうする?無料カウンセリングを利用するのも方法です

会社で浮気するのが上手い奴の手口とは?バレない不倫方法

おすすめ探偵事務所

結果が出せる探偵社として最も有名。
マスコミにも登場し調査協力する事も多い。
調査して欲しい時にすぐに動いてくれます。
浮気調査なら「原一探偵事務所」
妻の浮気

成功報酬型の探偵事務所で、1時間/6千円(一人)という大変良心的な価格設定が好評です。
しかもきっちりと結果を出してくれるので当サイトおすすめ。
HAL探偵社
HAL探偵社

お昼の番組バイキングにも登場する弁護士西川研一が運営する探偵。
社全国の対応が可能、料金が明瞭で調査能力が高い
響(ひびき)・Agent
響(ひびき)・Agent

 

 

浮気かな?と思ったら
Tをフォローする
探偵を使った浮気調査について語るブログ