料金が安く、評判のいい探偵事務所を発見、安くする方法とは?

Pocket

浮気調査を依頼するなら、

しっかりと証拠を取ってくれる探偵事務所に依頼しなければいけない。

いくら料金が安くても、証拠が取れない、ダメダメな探偵事務所ではお話にならない。

浮気調査はお金がかかる。

ちょっと、浮気調査について調べた事のある人なら、

浮気調査が安くない事はご存知でしょう。

因みに、探偵が加盟する業界団体の調査で、

探偵の人件費の相場が1時間10,000円から12,500円である事が分かっている。

なので、仮に10,000円だったとしても8時間調査をすれば、

80,000円という事になります。

これを逆手に取って、安さを売りに客を集める探偵事務所が現れました。

しかし、実際は広告とは違って、高額な追加料金の請求をされたり、成功法則を謳っておきながら、その成功の定義があいまいで、結局証拠も取れてないのに、高額な料金を請求されたと、国民生活センターに相談される件数が増えているんです。

依頼する側とすれば、少しでも安くしたいというのは、当然の心理です。

そういった依頼者の意識を上手く利用している、

悪徳な業者がいる事を理解する必要があります。

で、今日お伝えするのは、クチコミサイトでも、評判のいい、なおかつ料金がかなりリーズナブルな探偵事務所です。

<スポンサーリンク>




響・Agentは業界最安値の探偵事務所


響(ひびき)・Agent

全国3拠点 東京 大阪 福岡

弁護士が立ち上げた探偵事務所というのが売りの響・Agentですが、もう一つの売りは料金の安さなんです。

料金は調査員1名の人件費で1時間6,000円です。

※15時間まで6,000円、16時間以降3,000円

ここに、諸経費(車代や機材代、ガソリン代)などがプラスされます。

クチコミにもあったのですが、だいたい何時浮気をされているか見当がついている人なんかは、調査を1日に絞って、調査員の数も少なくして依頼したら、かなり安い金額に収まったという書き込みもありました。お金をかけられない方は、その事についても相談する事をオススメします。

きっちりした報告を上げてくれるの?

最初にお話した様に、安いだけで、いざとなったら、裁判でも証拠になる様なきっちりとした、報告書を上げてくれるのか?というのが、一番大切なポイントです。

報告書は弁護士が監修しているという事で、裁判の証拠になるか、ならないかにこだわって、作ってもらえます。

証拠写真の場合、相手の顔や、撮影した場所をしっかりと、確認できる物でないと、証拠になりません。報告書のサンプルも、ホームページからダウンロードして見る事も出来ます。

また、調査能力も、調査成功率95%以上という事で、高い成功率を誇っています。

この調査成功率が悪いとどうなるかというと、いつまでも証拠がつかめず、ズルズルと調査をする事になって、お金がかかるという事です。

浮気調査を安くする方法

浮気調査を安くする為に必要な事は、出来るだけ情報を集める事だと思います。

パートナーの行動パターンが全く分からないとなった場合、

当然調査に時間がかかります。

たまたま、調査した日に浮気するかもしれませんが、

やはりある程度、怪しいタイミングが分かっていれば、

その日、その時間帯にピンポイントで、調べてもらうのです。

例えば、私の場合は、妻が毎日パートに出かけていました。

浮気をしていたのは、そのパートが終わってからだと思ったので、

パートの日の夕方16:00以降、

パート先からの行動を調べてもらったのです。

すると、パート先の従業員と仕事が終わった後、

車でデートに出かけていました。

この様に、パートナーの行動がある程度読める場合は、ピンポンとで依頼ができるのです。

当然探偵に支払う料金も時間が短い分安く済みます。

もし、余裕がある場合は、パートナーの行動パターンをメモに書いてみて、

何か法則がないか探ってみてはいかがでしょう。

響・Agentの相談の仕方

まずは、浮気調査の相談をしてみましょう。相談は無料です。

問い合わせの仕方

メールで相談をクリック

ご相談項目:浮気調査を選択します。

ご相談内容:任意と書いていますが、折り返しの電話が欲しい時間帯や、

質問事項などがあれば、書いておきます。

名前:名前は本名でなくても大丈夫です。

都道府県:お住いの地域を選択します。

電話番号:都合のいい電話番号を入力します。

メールアドレス:都合のいい電話番号を入力します。

入力できたら、入力内容を送信をクリックします。

あとは、連絡が来るのを待ちます。

相談は何度でも無料なので、相談してみましょう。

響(ひびき)・Agent
響(ひびき)・Agent

<スポンサーリンク>




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサーリンク>