不貞行為の証拠不十分とはどんな証拠なのか?証拠集めの注意点!

Pocket

離婚や浮気の慰謝料の裁判などで、不貞行為をしている立証をしないといけないのですが、証拠不十分となり、離婚ができないとか、慰謝料を取れないという事があります。裁判所が認めてくれないのですね。

どんな証拠の時にそうなるのか?という事を今日はお伝えしたいと思います。折角裁判を起こしたのに、離婚できない、慰謝料を取れないというのは余りにもショックが大きいです。しかも、一度証拠不十分で裁判を失敗すると、相手は警戒して2度と証拠を掴む事はできないでしょう。なので失敗しない為に、どんな証拠だった場合、証拠不十分なのかを知っておく事が大切なのです。

<スポンサーリンク>




不貞行為の証拠不十分と判定される証拠とは?

浮気を認めた発言をした場合も・・・

えっ?相手が浮気を認める発言をしたのに何故?と不思議に思う方がいらっしゃると思います。もし、相手が浮気を認めた場合、当然裁判では不貞の証拠となります。しかし、今まで認めていたのに、裁判で相手が突然、浮気をしていないと言い出した場合どうなるでしょうか?

当然相手が浮気を認めた証言以外証拠が無い場合は、証拠不十分となります。なので、もし相手が浮気を認めた場合は、その証拠として記録を残しておく必要があります。相手が浮気を認める発言をした場合は、必ずその発言を録音して証拠を残しておく事をおすすめします。

更に相手が浮気を認めている場合は、浮気を認めたという文章を書かせて、署名と捺印させる、いわゆる念書を取っておきます。

そしてこの念書を書かせる場合も、相手の自筆で書かせるのです。パソコンなどで打った文字に署名だけ自筆では、自分は書いてないと、とぼけられる場合があります。必ず、全ての文字は自分で書かせて下さい。

メールを頻繁にやりとりしているが・・・

そしてもう一つ。浮気相手とのメールのやり取りを発見したが、証拠不十分となるケースがある。それはメールの内容です。そのメールの内容が不貞行為を推認(すいにん)させる内容ではない場合、証拠不十分となります。

要するにメールを見ただけで不貞行為が簡単に想像できる内容かどうか?

例えば、

「コンドーム買っておいて」

「今日はセックスしよう」

など、かなり生々しい会話をメールで行なっている場合は証拠になるのですが、飲みに行こうとか、デートしようといった内容のメールの場合は、不貞行為を立証するには厳しいのです。

浮気相手と写っている写真を手にいれたが・・

そして最後に浮気相手と一緒に写った写真です。写真の場合も当然その写真で不貞行為を立証しなければいけないので、ただ、二人が写っているツーショット写真や腕を組んでいる写真も証拠にならない。例えば、裸の写真や下着姿の写真など、通常不貞行為がなければ、写らない写真があった場合、証拠になるのですが、単なる二人で写った写真では、証拠不十分となってしまいます。

証拠はコツコツ集めましょう

単独では弱い証拠でも、コツコツといろいろな証拠を集めていけば不貞行為を立証する事ができます。諦めずに探ってみましょう。

どんな証拠が有効なのかについては、こちらの記事で詳しく書いていますので、参考にして下さい。

離婚裁判の為の証拠集めはこれが有効!(浮気・不倫の場合)

証拠集めの注意点

せっかく証拠を集めても、証拠として採用されない証拠というものがあります。例えばプライバシーの侵害をして集めた証拠です。例えば、相手のSNSなどに片っ端から、IDとパスワードを入れて試して、アカウントに侵入するとか、スマホのロックを勝手に解除して、データを別のスマホに全部移すとかの行為です。

証拠として採用される場合もありますが、過去裁判で証拠とは認められない事があったそうです。なので、例えば探偵に浮気調査を依頼する場合も違法な調査をする様な事を事前に説明している業者は信用しないで下さい。例えば盗聴とか、電話番号から相手の名前や住所、会社を割り出すなどです。

せっかく集めた証拠が無駄になるほどアホらしい事はありませんからね。

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<スポンサーリンク>