iPhoneを探すで浮気調査をする方法、2ファクタ認証に注意しよう

Pocket

一体どこに行っているんだ!

浮気に違いないという時は、iPhoneを使っていたら、

リアルタイムにいる場所を特定する事ができます。

今日はiPhoneの機能であるiPhoneを探すについて解説します。

iPhoneを探すは、

位置情報を使ってリアルタイムにそのiPhoneのある位置を、

地図上に表示するサービスです。

この機能を使えば、iPhoneがどこにあるのかが分かります。

という事は持ち主の居場所も分かるという事です。

浮気している相手の今いる場所が分かるという事です。

ただし、この機能を使うにはある問題をクリアする必要があります。

iPhoneを探すは、浮気している相手の使っているApple IDを使って、

別のスマホやパソコンをから、場所を調べるのですが、

Appleは今セキュリティが強化されていて、

ほとんどのApple IDは、

2ファクタ認証というアカウントになっています。

2ファクタとは、別のスマホやパソコンで、

Apple IDにサインインしようとした場合、

元々使っているiPhoneに確認コードが飛んでいって、

その確認コードを入力しないと、サインインできない様になっているのです。

※別のiPhoneなどで、Apple IDを使おうとすると、

持ち主のiPhoneにこの様なメッセージが送信される。

これを入力しないとApple IDの機能は使えない。

なので、浮気調査で使おうとすると、浮気相手がiPhoneで、

認証しないといけないというおかしな事が起こるのです。

なので、もし浮気調査でiPhoneを探すを使う場合、

相手が気づいてない時に、自分のiPhoneに相手のApple IDで事前にサインインしておく。

2ファクタ認証も自分の手で認証する必要があります。

iPhoneを使って浮気調査する方法

浮気をしている相手のiPhoneのセッティング

必要な物

1.Apple IDとパスワード

まず、浮気相手のiPhoneがiCloudにサインインしているか?が重要になります。

iPhoneを探すという機能はiCloudの中の機能の一部になります。

もし、相手がiCloudにサインインしていない場合は、

Apple IDを新規で作って、

そのApple IDでiCloudにサインインして下さい。

それを確認するには、

iPhoneの設定>一番上の名前の表示>iCloud>iPhoneを探す

に進みます。

設定

設定の中の一番上の名前の表示

もし、ここに名前が表示されていない場合、

iCloudにサインインされていない事になります。

このままでは、iPhoneを探すを使う事ができません。

既に自分が使っているApple IDでサインインするか、

新しく作ったApple IDでサインインしましょう。

新しいApple IDの作り方が分からない人は、

AppleIDの作り方で検索してください。

サインインされている場合は、

このApple IDで自分のiPhoneやパソコンにサインインする必要があります。

Apple IDはメールアドレスです、パスワードが分からない場合は、

パスワードをリセットする必要があります。

iCloud

iPhoneを探す

ここがオンになっているか?もしオフになっていたら、オンにしましょう。

これで、iPhoneを探すが使える様になりました。

浮気調査をするiPhoneの設定

準備するものは、浮気相手のiPhoneにサインインしているApple IDとパスワードです。

それが用意できたら、AppStoreからiPhoneを探すのアプリをダウンロードします。

App Store

iPhoneを探すアプリ

このアプリを開いて、調査するiPhoneと同じApple IDでサインインします。

サインインが成功すると、iPhoneがある位置が地図に表示されます。

合わせて読みたい

浮気調査で原一探偵事務所が選ばれている理由

LINEは浮気の証拠になるのか?離婚や慰謝料を取れるのか?

ツイッターで浮気を見破る方法、ネットナンパ師に聞いたツイッター浮気

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加