探偵の浮気調査のメリット【慰謝料請求あるあるも言いたい】


 

浮気調査をして慰謝料を取りたい!

どの位の慰謝料が取れるの?

請求する時の注意点はある?

どんな流れになるの?

探偵の料金相場は?

この記事の内容は以下になります。

探偵の浮気調査のメリット【慰謝料請求あるあるも言いたい】

 

 

管理人T
管理人T

この記事を書いている私は妻に浮気された時に、

探偵を使って証拠を取りました。

その時に色々調べた知識を元にこの記事を書いています。

探偵の浮気調査のメリット【慰謝料請求あるあるも言いたい】

浮気の慰謝料の相場は50万円〜300万円だと言われています。

 

減額や増額するポイントは、

 

・夫婦関係が円満な状態での浮気なのか?

・婚姻期間が長かったのか?

・子供がいるのか?

・相手が謝罪しているのか?

など、状況によって金額が変わります。

 

また、話し合いや調停などで話が付く場合よりも、

裁判になった方が金額が少なくなる傾向にあると言われています。

 

※相手が慰謝料の支払いに応じない場合に裁判になります。

最初の話し合いで相手が応じれば裁判になりません。

 

浮気の証拠を見つけた場合、

配偶者や浮気相手に慰謝料請求する事が可能ですが、

何故、わざわざ探偵を使って浮気調査をするのでしょうか?

 

慰謝料請求するにあたっての、

探偵を使って浮気調査するメリットを紹介します。

相手の心を折る証拠が手に入る

配偶者や浮気相手に慰謝料請求する場合、

次のような手順を踏みます。

 

1.相手に証拠を示して浮気を認めさせる

2.慰謝料を請求する理由を相手に伝える

3.金額を提示する

 

という流れになります。

 

相手が、分かりましたと同意すれば、

慰謝料が支払われます。

 

しかし、そう上手くいかない事もあります。

 

「300万請求します!」

ドーンと請求書を提示した場合、

相手が慰謝料を逃れようとする場合があります。

 

・それは誤解だ!

・浮気してない!

・そんなの証拠にならない!

 

などなどです。

場合によっては相手も弁護士を立ててくる事もあります。

 

しかし、探偵を雇い、浮気調査をして、

2人の浮気を証明する様な写真や、

時系列で2人の行動が書かれた報告書があれば、

どうでしょうか?

 

相手が話し合いの支払いに応じない場合は民事調停。

調停でも決着がつかない時は訴訟という流れになります。

 

しかし、ここまで完璧な証拠が揃っていたら、

勝ち目は無いという事で、

争う事を断念する可能性が高くなるのです。

 

先ほども言いましたが、

裁判になれば慰謝料が少なくなる傾向にあります。

 

早く決着するというのは、時間的なメリットだけではなく、

金銭的にもメリットになるのです。

 

なので、探偵を使い、

言い逃れできない証拠を取るという事はとてもメリットがあるのです。

【慰謝料請求あるある】よくある言い逃れ

言い逃れの話題が出たので、

よくある慰謝料請求された時の言い逃れを紹介します。

夫婦関係はすでに破綻していた

夫婦が円満であるかによって、

慰謝料の金額が変わるという事を冒頭でお伝えしましたが、

 

完全に夫婦関係が壊れていた場合、

慰謝料請求は出来ません。

 

何故なら、不倫が原因で夫婦関係が壊れたわけではないからです。

 

 

もう既に夫婦関係は壊れてたんです。

最初から。

元々仲悪かったしね。

俺の不倫が原因で、夫婦関係が壊れたんじゃない。

もっと他に理由があるんです。

だから、慰謝料を支払う必要はない。

 

 

・・・という浮気した側の主張です。

 

実は裁判所が出した判例で、

既に夫婦関係が壊れた夫婦の不倫問題に対して、

不倫が原因で夫婦関係が壊れたわけではないので、

慰謝料請求できないというものが有りました。

 

これを逆手に取って、

夫婦関係は既に破綻していたと主張する輩がいるのです。

 

しかし、この主張はなかなか認められません。

 

何故なら、夫婦関係の破綻を主張するのであれば、

それを逆に浮気している側が、

証明しないといけないからです。

 

例えば、別居してもう何年にもなるという場合は、

キツイかもしれませんが、一緒に住んで普通に生活していたんなら、

まず通らない主張です。

結婚している事を知らなかった

そしてもう1つのあるあるが、

結婚している事を知らなかった

です。

 

不倫の場合、相手の事を独身だと思い込んでいた場合、

慰謝料を支払う必要が無い。

 

この事を知っている人間は、

これを出張する事があります。

 

これを出張する人間は、誰かにこの事を教えて貰ったり、

自分で調べて知恵を付けた可能性が高いです。

 

このケースも裁判で認められる事は余り無いですが、

 

こんな主張をされても跳ね返せる様に、

もし、不倫相手からのメールなどを発見した場合、

結婚している事を知っている様な会話があった場合は、

 

そのメールの写真を撮っておくなど、

対策をしておきます。

お金が無いから支払いできない

不倫は認めたが、お金が無いので支払いできないと言い訳する場合があります。

こういった場合は相手と支払い方法について交渉をします。

 

例えば親に借りて支払って貰うとか、

分割払いを提案する事も出来ます。

 

分割払いになる場合は、公正証書を作成します。

公正証書は公証役場で公証人に作って貰う大変重みのある書類です。

 

公正証書を作る時、

強制執行認諾約款付公正証書

(きょうせいしっこうにんだくやっかんつきこうせいしょうしょ)

にしておくと、支払いが滞った段階で相手の給料など、

財産の差し押さえをする事ができます。

 

また、分割にも応じない場合は、

裁判をして差し押さえをして回収します。

 

お金が無いと言われた時点で弁護士に相談するのも方法です。

弁護士が出てくれば、意外とすんなり支払いに応じるケースもあります。

探偵の浮気調査は慰謝料請求の強い武器になる

この様に浮気相手は、浮気を認めた場合でも、

何だかんだと理由を付けて慰謝料を逃れようとします。

 

なので、中途半端な証拠しかない場合、

相手が支払いに応じない場合もあれば、最初は支払うと言っていても、

途中でやっぱり支払えないと言ってくるケースもあります。

 

特に、浮気の証拠が弱く、相手が浮気を認めたという、

相手の供述(きょうじゅつ)だけでは、

手のひら返しを食らうかもしれないのです。

 

なので、探偵の報告書の様な客観的な事実に基づいた証拠は、

強い味方になります。

 

あなたの武器になるのです。

 

浮気の問題を早く解決し、

裁判で無駄なお金を支払わない様に、

証拠は取っておきたいものです。

探偵の相場と探し方

探偵の料金は雇う日数や配置する人数によって変化します。

相場は30万〜50万というところでしょうか。

 

また、短期間で証拠を取る能力に長けている探偵と、

そうではない探偵がいます。

 

どこに依頼しても同じという訳ではありません。

その為、浮気調査に強いと評判がある探偵が選ばれる傾向があります。

数社見積りを取ってみて比較する事をオススメします。

浮気調査に強い探偵5社比較【違いが分かれば失敗しない】

慰謝料請求に必要なものは?

慰謝料請求に必要なのは証拠です。

そして、浮気相手に慰謝料請求する場合は、

浮気相手の特定も必要になります。

【証拠となる物】

・探偵の報告書

・ラブホテルの支払い明細

・浮気を裏付けるメール

・第三者の証言

・GPSの履歴

・浮気の認めた時の音声

・浮気を認める陳述書

など。

 

浮気相手に請求する場合は、

浮気相手の名前と住所は必ず必要です。

勤め先なども有れば良いです。

浮気調査の回数

浮気しているかどうか調べるだけとか、

離婚せず復縁するのが目的で、

浮気の証拠さえ取れればいいという場合は、

浮気調査の期間は短い。

 

しかし、慰謝料請求や離婚など裁判を視野に入れている場合は、

二、三回浮気の現場を撮影した方がいい。

 

というのも、一夜だけの過ちや風俗などは、

不貞行為に当たりません。

 

浮気相手と継続的に関係を持っている事を、

証明する必要があります。

 

他にも継続的に会って関係を続けている証拠があれば、

一回でも問題はありませんが、

何も無い場合で、離婚、慰謝料請求を考えている場合は、

複数回浮気の現場を押さえた方が確実です。

証拠を取った後の請求の仕方

探偵による浮気調査で証拠を取った後、

配偶者だけに慰謝料請求する事もできるし、

浮気相手にだけにする事も可能です。

 

ただし、両方に請求した場合、

倍の料金を請求できるという訳ではありません。

 

双方に請求をするんであれば、

配偶者150万、浮気相手150万の様に双方合わせて、

適正な額を請求できます。

 

配偶者に150万請求 ○

浮気相手に150万請求 ○

 

【ダメなケース】

配偶者に300万請求 ×

浮気相手にも300万請求 ×

※受け取る額が相場とかけ離れた金額になってしまう。

 

どういう配分にするかは、請求する人が決めます。

では、浮気相手に慰謝料請求する場合を例にとって、

手順を見ておきましょう。

 

【浮気相手に慰謝料請求する流れ】

1.探偵に浮気調査を依頼して証拠を集める

(浮気相手の名前、住所、職場も同時に調べて貰う)

2.集めた証拠を配偶者に提示し、浮気を認めさせる

3.浮気相手に連絡を取って会う約束をする

4.証拠を提示して、浮気を認めさせる

5.認めたら請求書を提示する

6.支払いに納得したら示談書に署名捺印して貰う

7.お金を支払って貰う

 

という流れになります。

この流れでは浮気相手に会いに行っていますが、

内容証明を送るという方法もあります。

 

内容証明を送ったからといって、

法的に支払い義務が発生するという訳ではありませんが、

受け取った相手は、かなりのプレッシャーを感じます。

 

そこに弁護士の名前が入っていた場合は、

かなり効果的です。

 

最後に

長くなりましたが、

慰謝料請求する為の、探偵を使った浮気調査の重要性と、

慰謝料請求の手順のお話でした。

 

浮気する人は基本的に嘘つきです。

日常から嘘をついてパートナーを騙しています。

 

慰謝料を請求する時は、相手が請求を逃れる為に、

嘘を言って来る事を事前に予測しておきましょう。

 

探偵が取る浮気の決定的な証拠は、そんな嘘から、

あなたを守る武器になってくれます。

おすすめ記事

浮気調査の探偵事務所人気ランキング

出張先の浮気調査ができる評判のいい探偵比較、全国対応できる探偵は?

浮気調査はどこまで調べられる?探偵を雇って出来る事はこれだ!

弁護士は浮気調査をどこまで出来る?【弁護士と探偵の違い】

浮気調査に強い探偵事務所

原一探偵事務所 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

業界トップの実績と知名度を持っている探偵事務所。

40年以上の実績を持ち、業界では国内最大規模を誇っています。

全国に18カ所の拠点がある為、どの地域に住んでいても、

質の高いサービスを受ける事ができます。

得意な調査は、組織力を活かした調査で、 出張先や旅行先などの遠距離調査も、

全国に支店があるので、出張費や宿泊費が不要。

調査能力が高い事からテレビの人探し番組でも活躍している。

東京都弁護士共同組合の特約店という事もあり、弁護士からの依頼も受けています。

勝てる証拠を掴みたい人が選んでいる探偵事務所です。

  公式サイトはこちら

ハル探偵社 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

2011年設立と比較的新しい探偵事務所ですが、依頼件数を伸ばし、支店を増やしています。

全国に16カ所の拠点を持ち、北海道から沖縄まで調査が可能です。

このブログから問い合わせが多い人気の探偵事務所です。

ハル探偵社の特徴は大きく分けて4つ。

1.SNSなどを使った浮気相手の素早い特定

2.調査費用は業界でも低価格

3.調査中の様子を現場からリアルタム報告してくれる

4.成功報酬で料金後払い

この4つのシステムが、浮気調査依頼のハードルを下げる役割を果たしています。

メールアドレスしか分からない、SNSを使って連絡を取っているなど、困難な調査でも実績があります。

万が一探偵の失敗により、依頼者にバレる、見失うなどがあった場合、費用は受け取らない。

しっかりと結果が出るまで調べてくれます。

また、現場から調査の様子をリアルタイムで報告してくれるので安心です。

  公式サイトはこちら 

ALG探偵社 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

弁護士が経営する探偵事務所という事で、裁判に勝つ為の証拠にこだわっています。

この探偵の特徴は、とにかく明朗会計。

かかった経費は全て、事細かく報告を行い実費負担。

3時間の調査で契約したとしても、1時間で調査が終わった場合、

残りの2時間分の料金を返金してくれるという徹底ぶりです。

また、見積もりから契約まで、電話と郵送だけでも可能になっていて、 面談無しで依頼する事も可能です。

  公式サイトはこちら           

探偵事務所をぶっちゃけ比較!

出張先の浮気調査ができる評判のいい探偵比較、全国対応できる探偵は?
出張先の浮気調査ができる探偵比較 ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 ブログの管理人Tです。 出張先で浮気しているかも? 浮気調査したいとなった場合、 その地域の事をよく知らないの...
評判のいい探偵事務所6社の料金体系を比較、料金重視で選ぶ人必見
評判のいい探偵事務所の料金の違いを知りたい。 お得に依頼できる探偵を知りたい。 この記事はそんな方の要望に応える為の内容です。 という内容になっています。...